ヒト幹細胞培養液とは?効果や特徴を徹底解説

保湿をする女性

 

このページでは、口コミで話題の土台美容液「クロノセル」。

 

この商品に含まれる、最も大事な成分のひとつ、

 

ヒト幹細胞培養液

 

について解説します。

 

クロノセルの公式サイトを見てみると、至るところに「ヒト幹細胞培養液」と書いていて、クロノセルにおいて、とっても大事な成分であることがうかがえます。

 

クロノセルに限らず。

 

最近、化粧品業界で、ヒト幹細胞培養液が話題になっているようですね。

 

・・・ところで。

 

あなたは、ヒト幹細胞培養液がどんな成分なのか?

 

どんな美容効果をもたらしてくれるのか?

 

詳しく知っていますか?

 

このサイトでは、私なりに調べた、ヒト幹細胞培養液の詳細と効果について書いていきます。

 

ヒト幹細胞培養液について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

幹細胞とは?

できるだけ、むずかしくならないように解説していきたいと思うのですが(笑)

 

どうしても。

 

ヒト幹細胞培養液の詳細をお伝えするには、紐解いていかないとならない部分がいくつかあります。

 

その中のひとつ。

 

「そもそも、幹細胞ってなんなの?」

 

という話。

 

結論から言うと、幹細胞とは・・・

 

決まった役割を持たずに、様々な細胞になれる万能な細胞

 

です。

 

これだけだとわかりづらいかもしれませんが(笑)

 

細胞そのものは、本来、適切な場所に適切な細胞が配合されて、必要な機能と役割を果たします。

 

適切適所みたいな感じに。

 

ところが、幹細胞そのものは「なんにでもなれる」能力が備わっています。

 

シンプルに言うと、ですよ(笑)

 

漫画ナルトでいうところの、カカシのコピー忍術みたいなところでしょうか?(笑)

 

さらには自分と同じ能力を持った幹細胞をコピーできる能力も備わっているんです。

 

同じく、漫画ナルトで言うところの、主人公ナルトの「影分身の術」みたいなものでしょうか?(笑)

 

幹細胞の種類

ちなみに、その幹細胞には3種類あります。

 

  1. 全能性を持つ受精卵
  2. 万能性を持つES細胞
  3. 多能性を持つ成体幹細胞

 

細かい説明は、どんどんむずかしくなってしまうので省きますが(笑)

 

「全能性を持つ受精卵」と「万能性を持つES細胞」に関しては、胎児になるまでの段階で消滅してしまいます。

 

私たちの体で絶えず働き続けてくれているのは、多能性を持つ成体幹細胞です。

 

むずかしいことは覚えなくてもいいのですが、この成体幹細胞というのが、ヒト幹細胞培養液に関係してきます。

 

幹細胞培養液とは?

ここから、どんどん核心に近づいていきます。

 

幹細胞とは、コピー忍術と影分身の術の性能を兼ね備えた優秀な細胞のこと。

 

(わかりやすく言うと、ですよ(笑))

 

そして、その幹細胞の中で、私たちの体内に備わっているのは、「成体幹細胞」という細胞です。

 

ここまでは大丈夫ですか?(笑)

 

では、「幹細胞培養液」とはなんなんでしょうか?

 

幹細胞を培養するときに幹細胞が分泌する成分のこと

 

をいいます。

 

ちなみに、培養とは、

 

「細胞を生物から取り出して、生体外で活かし続けること」

 

を言います。

 

今回の例で簡単に言うと、人体から細胞だけを取り出すことです。

 

そうして、人体から幹細胞を取り出すと、「培養液」が分泌されます。

 

これが、幹細胞培養液です。

 

この幹細胞培養液には、500種類以上のタンパク質の成分が含まれていて。

 

その中には、「サイトカイン」と呼ばれる細胞活性の鍵となる、「情報伝達物質」が豊富に含まれています。

 

要するに・・・

 

人体から幹細胞を取り出して、そのときに出てくる培養液は、細胞活性の手助けをしてくれるということです。

 

その中には、EGFやFGFといった成長因子(グロスファクター)などが含まれています。

 

ヒト幹細胞培養液

厳密には、幹細胞培養液には、植物から培養した、「植物由来の幹細胞」もあります。

 

しかし、多くの化粧品には、この「植物由来の幹細胞」は配合されていません。

 

「植物」から培養した培養液が、人体にどのような影響を及ぼすのか?

 

まだ解明されていない部分が多いからです。

 

多くの化粧品に配合されている、幹細胞培養液は、

 

「ヒト幹細胞培養液」という、皮下脂肪から採取した脂肪由来幹細胞です。

 

脂肪由来幹細胞を培養した際に分泌される脂肪由来幹細胞培養液には、他の細胞を培養しても分泌されない、

 

「サイトカイン」

 

が多く含まれています。

 

サイトカインは先ほど解説したように、成長因子(グロスファクター)を含んでいます。

 

だからこそ。

 

多くの化粧品にはこの、

 

「脂肪由来のヒト幹細胞培養液」

 

が配合されていて、化粧品表示名称では、

 

『ヒト脂肪細胞順化培養エキス』

 

というなんともむずかしい名前で呼ばれています(笑)

 

もちろん、今回ご紹介している土台美容液の「クロノセル」にもこの『ヒト脂肪細胞順化培養エキス』が配合されています。

 

クロノセルのヒト幹細胞培養液の効果

で、ここまで来るのに、すごく長かったように感じるのですが(笑)

 

ヒト幹細胞培養液の効果なんですけど・・・

 

  • 保湿効果
  • 美白効果
  • ターンオーバーの促進
  • 血行促進
  • 抗炎症作用
  • アンチエイジング
  • シワ改善効果
  • 抗酸化作用

 

などの効果が期待できます。

 

これらは、繰り返しになりますけど・・・

 

ヒト幹細胞培養液の中に、「サイトカイン」という細胞活性の鍵となる情報伝達物質が含まれていること。

 

そのほかに、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、SOD(抗酸化酵素)などの酵素やビタミンなどが豊富に含まれているからです。

 

ヒト幹細胞培養液のまとめ

かなりむずかしい言葉が並んでしまいましたが・・・(笑)

 

まとめると。

 

  • 幹細胞とは様々な細胞になれる細胞の一種
  • 私たちの体内には多能性を持つ成体幹細胞が働いている
  • ヒト幹細胞培養液は人の幹細胞を培養するときに分泌される成分
  • その多くは皮下脂肪から採取した脂肪由来幹細胞
  • 保湿・美白・ターンオーバーの促進・シワ改善・アンチエイジングなどの効果

 

これらのことがわかりました。

 

そんな、ヒト幹細胞培養液を配合しているクロノセルだからこそ。

 

実際に買って使った人から、高評価を得続けているんですね。

 

クロノセルの購入を検討している方は、ぜひ参考に読み直してみてください。

 

クロノセルの詳細はこちらのリンクから戻ることができます。

 

【効果なし?】クロノセルを使った口コミ!